尖端恐怖症とは

尖端恐怖症とはどのようなものかについて、ここでは説明していきます。

尖端恐怖症は、針や包丁といった先のとがったものに対して恐怖を感じるというものです。

なぜそうなってしまうのかはその人によって異なりますが、多くの場合は幼いときの体験が関わっていると言われています。

例えば病院での注射で痛い思いをした人は、注射自体が苦手になってしまいます。
そして注射の針を連想させる、とがったものに恐怖心を抱くようになってしまうのです。

そんな単純なことがあるのだろうかと思う方もいるでしょうが、そういう例もあるということで覚えておいてください。

尖端恐怖症をはじめとしたさまざまな恐怖症は、そうではない人にとって理解できない部分があります。
しかし実際に発症している人にとってすれば、とても重要な問題なのです。

尖端恐怖症の人にとがったものを見せると、症状が重い人の場合は動悸・震え・めまいなどのパニック状態におちいります。
酷い場合は、指先を向けられるだけで不安になるという人もいるようです。

尖端恐怖症は、一度発症したら治せないというものではありません。
しかし素人が何とかしようとした結果、余計悪くなってしまうということがあります。

そのようなことが起こらないように、しっかりとした専門医に相談してください。

軽いものならそれほど気にする必要はないかもしれませんが、重いものになると自分が持っているペンすら恐くなってしまい、ものを書くだけで精神的苦痛があるという人もいるのです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表情恐怖症とは

表情恐怖症とは、自分の表情が相手にどう思われているのかを気にしすぎてしまう症状です。

表情はその人の感情が出るものですが、なかには表情が変化することによって、自分の顔が変に見られているのではないかと気にしている人もいます。

気の知れた仲間との会話でなら、表情を気にするようなことはほとんどありません。
しかし重要な場面において、自分の表情のせいで台無しになってしまったらどうしようと気にする人は、たくさんいるものです。

そうやっていくうちに、自分の表情を気にしすぎるようになってしまい、自然な表情を出せなくなってしまいます。

表情恐怖症の人にありがちなのが、表情が妙にぎこちないということです。
自分の理想としている顔を出そうとしているのか、それとも無理に抑えようとしているのかはその人次第ですが、表情を出すこと自体が精神的な負荷となっている状態です。

いったん自然な表情が出せなくなると、今度はその表情が相手に不快感を与えているのではないかと気にしてしまい、どんどん悪い方向へ向かってしまいます。

表情恐怖症の人は、自分がそうであることを受け入れなければいけません。
そんなはずはないと固執していると、余計に悪化してしまいます。

まず自分の表情を他人はそれほど気にしているものではないと考え、できるだけ自然な状態でいられるようにしてください。
そうすることによって、表情恐怖症の症状を和らげることは可能です。

それができるようになるだけでも、問題は大きく改善されるのです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道化恐怖症

道化恐怖症とは、ピエロのことを極端に怖がってしまう症状のことです。

ピエロとは本来人を笑わせるための存在なのですが、その異様な風貌に不気味さを感じてしまう人もたくさんいます。
この不気味さというのはとてもインパクトがあるもので、さまざまな作品でその部分を強調されています。

ホラーものでもピエロが登場することは多く、そういうものに触れることで恐怖心を煽られているという人は少なくありません。

道化恐怖症とは、この状態が行きすぎたレベルになってしまった人のことを指します。

大人が見ても不気味さを感じるものなのですから、子どもが見た場合は泣き出してしまうという例も少なくありません。
そしてその経験がトラウマとなり、道化恐怖症になってしまう人がいるのです。

道化恐怖症の人がピエロを見ると、動機・吐き気・発汗・息切れ・不安感といった症状に襲われてしまいます。

恐ろしいものではないと思いこもうとしても、身体が反応してしまうのでどうすればいいのかわからなくなってしまいます。

恐怖症は根が深いものですが、それでも絶対に克服できないものではありません。
心理カウンセリングを受けるなどしていけば、少しずつ改善の方向に進むことができます。

どうしても改善したいという人は、自分一人で治そうとせずに、医師へ相談してみてください。
荒療治をしようとした結果、余計に酷くなってしまうこともあるからです。

道化恐怖症に悩んでいる人はたくさんいますが、普通に生活をする分にはそれほど困るようなものではないので、落ち着いて一歩ずつ進んでいきましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外食恐怖症とは

外食恐怖症とはいったいどのようなものなのでしょうか。

外食恐怖症は不安神経症の1つで、外で食事をすることができなくなってしまうというものです。

この症状は一般的にはあまり知られているものではありませんが、実際になってみるとかなりつらいものだということが実感できます。

生活をしているうえで外食をする機会は何度もあるのですが、そのたびに断りを入れなければいけません。
どうしても断れないというときは、精神的にかなりの負担を感じた状態で食事をしなければいけないのです。

誰かと食事をするということは、基本的に楽しいことです。
しかしそれが苦痛に感じられるようになってしまうだけでも、かなり不便なものになってしまいます。

なぜ外食恐怖症なんてものになってしまうのかは、その人によって原因となるものに違いがあるので、これが原因と決めつけることはできません。
ただ例として多いのは、外食をしているときに失敗をしてしまったことがトラウマとなっていることや、家庭環境が引き金になっているというものがあります。

外食恐怖症を治療する方法は、明確なものがありません。
自分の中でこの恐怖症と折り合いをつけて、克服していくしかありません。

色々と治そうとがんばった結果で悪化してしまうということもあるので、いきなり無理なことをするのではなく、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

絶対に治せないものではないので、時間をかけて克服していこうという気持ちでいきましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛行機恐怖症とは

飛行機恐怖症が酷いという人は、医師に相談しましょう。

飛行機が恐いという人がいても、周囲は気にしすぎと言うだけで終わらせがちです。
もちろん本当にただ嫌がっているだけという人もいますが、飛行機恐怖症の人もいるのです。

飛行機恐怖症はそのままの意味で、飛行機に乗ることに対して恐怖を感じる症状のことです。
できれば乗りたくないというのではなく、乗ること自体が恐いというのは別問題と考えてください。

なぜ飛行機恐怖症になるのかは人それぞれですが、飛行機に関する事故にあったことがあるということや、そういう事故のニュースや映像が原因によって飛行機恐怖症になるという人もいます。

症状が重たいものになると、飛行機に乗るだけで精神的に追い詰められてしまい、大変なことになってしまう可能性があります。

普通の人なら、そんな頻繁に事故が起こるはずがないので、いちいち気にしていても仕方ないと考えてしまいます。
しかし飛行機恐怖症の人は、頭で納得していても心が納得してくれない状態なのです。

飛行機恐怖症だけど、どうしても飛行機に乗らなければいけないという人は、医師に相談してみてください。
抗不安薬等を処方してくれるので、これによって症状を軽減させることが可能です。

一度発症したからといって絶対に治らないものでもないので、治療することはできるのかも相談してみると良いでしょう。
無理をしてまで治さなければいけないものではありませんが、それでも治したいという人ならチャレンジしてみる価値はあるはずです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯科恐怖症対策

歯科恐怖症を克服するためには、そのものに対しての治療が必要です。

歯医者が怖いというのは、子どもにも大人にも見られる症状です。
ただ怖いと思っているだけなら実際にはそれほど大きな問題ではありませんが、歯科恐怖症の症状が重いものになると、歯医者に行くことすらできなくなってしまいます。

そもそも歯科恐怖症はなぜ起こるのかというと、歯医者に対する恐いというイメージがどんどん大きくなってしまうことが原因です。

以前に治療を受けたときにとても痛かったからなるということもありますが、現在は歯科医もできるだけ痛みをなくす治療を心がけているため、昔ほど痛みをともなう治療はありません。
しかしそれでもなお、歯科恐怖症の人は後を絶たないのです。

今はもういたくないから大丈夫と言われても、心のどこかでもしかしたらと考えてしまいます。

治療しなければもっと大変なことになってしまうのですが、それでも歯科医院に行くことができずに困っている人はたくさんいます。
そういう人は心理カウンセリングを受けて、もっと根本的な部分から治療を受ける必要があります。

大人になって歯医者が恐いなんてと思われる人もいるでしょうが、実際にしか恐怖症の人に取ってみれば、そんな言葉で片付けられる問題ではありません。
しかしこの問題をなんとかしなければ、将来的に大変なことになりかねないのも事実です。

歯医者に行きたくないという一心ではを大事にするというのも一つの方法ですが、歯科恐怖症をどうしても乗り越えることができないという人は、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脇見恐怖症とは

脇見恐怖症とはどういうものなのか、説明していきます。

脇見恐怖症という文字を見ると、脇見をしてしまうことを恐れるものととらえがちです。
しかし実際には、脇見をするような形で人を見てしまうという症状です。

視界の中に人がいると意識してしまい、それにより視線を相手に傾けてしまい、そのことに対して自己嫌悪をしてしまうのが脇見恐怖症です。

見ようとしないと思っていても、何となく気になってしまい見てしまう。
それにより、いつのまにか脇見をしてしまうことに恐怖するというのが、この症状の問題です。

視線を向けていることに対して、相手が不愉快に思っているのではないかと考えてしまい(実際そういう場合もあります)、それでもやめられないことによって精神的に追い詰められてしまいます。

脇見恐怖症は視線恐怖症の中の1つなのですが、実際にはあまり知られていない症状です。
それは、この症状が医学的に認知されていないことが原因です。

視線を向けることがあっても、それはそれで仕方ないと開き直ってしまえば、脇見恐怖症ではありません。
あくまでも視線を向けることによってどうなるのか、その結果自分は嫌われてしまうのではないかと恐怖してしまうのが問題なのです。

視線を向けないようにできれば良いのですが、どうしてもそれができないという場合は、医師に相談してみてはいかがでしょうか。
医学的に認知されていないとは言え、実際に問題を抱えているのであれば医師は相談に乗ってくれます。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐怖症を克服するためには

恐怖症を克服するためには、どうすればよいのでしょうか。

恐怖症には色々なものがあります。
しかし一度何かの恐怖症になってしまったら、どうすることもできないというわけではありません。

どの程度のものなのかということもありますが、恐怖症を克服することはできないというわけではありません。

恐怖症を克服するためにはさまざまな方法がありますが、中には簡単な方法で改善できるという場合もあります。

治療をするということなら、抗不安剤などを活用することができますが、これは克服しているというよりも一時的にしのぐためのものと考えてよいでしょう。
しかし薬の力に頼るとはいっても、それで乗り越えることができたという経験があれば、そこから克服への道が見えてくる可能性があるのです。

恐怖症を克服するためには、自分がそうであるということを受け入れて、向き合わなければいけません。
なぜ恐怖するようになってしまったのか、そこから克服する方法があるのかも含めて、医師に相談してみるとよいでしょう。

荒療治で何とかしようと考える人もいるようですが、それが原因で症状が悪化してしまうことがあるので、うかつなことはやめてください。

原因を見ると単純なものに見えることもありますが、禁煙性をあなどってしまってはいけません。
うかつなことをしてしまったばかりに悪化してしまえば、克服はさらに遠のいてしまいます。

自分だけで何とかしようとするのではなく、医師に相談して恐怖症の克服のためにできることを少しずつやっていきましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間恐怖症とは何か

人間恐怖症とはどういうものなのか。

人間恐怖症とは対人恐怖症とも呼ばれるもので、社会的接触を恐れる症状のことです。
人間恐怖症になってしまうと社会的生活に支障をきたしてしまい、自身の内側に引きこもってしまいがちです。

人間恐怖症にはさまざまな症状がありますが、人前に出ると緊張してしまう、あがってしまう、手が震える、人の目を見ることができない、人前に出ると多量の汗をかくなどがあります。
もちろんこれは全体の一部であり、もっと別な症状もあります。

なぜこのようなことになってしまうのかは人によって異なりますが、傾向としては神経質な人や小さなことにこだわりがちな人がなりやすいようです。

過去に大勢の人前で失敗した経験がある人は、それがトラウマになってしまい人間恐怖症になってしまうことがよくあります。

攻撃されることよりも、恥をかくことを避けたいという人がなるもので、人間恐怖症になった人の人となりについて調べると、色々と共通した部分が見えてくるものです。

対人恐怖症を解消するためには、意識改革が必要です。
何か自分に駄目な所があるのではないかと疑ってしまい、人からそのように見られたくないと思ってしまうことが多いので、自分に対して自信を持つことが必要です。

緊張してしまったときにも深呼吸をして、落ち着きを取りもどすことができれば、意外と簡単に解消できる可能性があるものです。
まず自分を認め、そのうえで他者とのつながりについて考えていきましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピエロ恐怖症とは

ピエロ恐怖症というものをご存じでしょうか?

ピエロ恐怖症とはそのままの意味で、ピエロを見ると動悸が激しくなったり、パニック状態になってしまう症状です。

ピエロ恐怖症になるきっかけは人それぞれですが、幼い頃にピエロに会ったとき、恐怖を感じてしまった人がなりやすいようです。
ピエロなんてサーカスに行かなければ会うことはありませんが、それに似たものを見かける機会や、テレビや映画でそう感じてしまうこともあるので、実際にはもっとなりやすいものなのです。

ピエロのメイクは、面白さを演出するためのものですが、そこに不気味さを感じてしまうこともあるはずです。

恐怖を煽りやすいということから、ピエロのメイクを拡大解釈して、恐怖に特化したキャラクターもたくさんあります。
大人が見れば最初からそういうものだと割り切ってみることができますが、子どもの場合はそう上手くいきません。

過剰演出されたピエロのことを見て、ピエロ恐怖症になってしまう可能性が高いのです。

ピエロの風貌が怖いという人はたくさんいますが、それ以外にもピエロの動き自体に恐怖を感じてしまう人もいます。
パントマイムで接してくるので、どうすればいいのかわからず精神的に追い詰められてしまうことがあるのです。

子どものときの体験は、大人になってからも尾を引くことがあります。
ピエロ恐怖症はその中でも代表的なものの一つです。

一度なってしまうと、そう簡単に克服できるものではないので、子どもとピエロを引き合わせるというだけでも冷や冷やしてしまいますね。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性恐怖症

女性恐怖症とはどういうものなのかについて、説明してきます。

恐怖症とつく症状にはさまざまなものがありますが、その中の1つに女性恐怖症があります。
これは文字通り、女性に対して強い恐怖心を持ってしまうというものです。

女性恐怖症の症状について具体的に説明していくと、女性との交流を極度に怖れるということや、女性との話すと酷く赤面してしまう、不快感を覚えるというものです。

なぜそのようなことになってしまうのかは、その人が過去にどのような経験をしたかによって変わってきます。
最初から女性恐怖症という人はおらず、何らかの原因があるからこそなってしまうものです。

ちなみに女性恐怖症と聞くと男性がなるものと考えてしまいますが、女性が女性恐怖症になることもあります。

これは思春期以前に女性にレイプされたことや、母親から虐待を受けたことが原因でなるようです。
女性に対するトラウマがあり、それが表に現れる状態のことを、女性恐怖症と呼びます。

女性恐怖症はメンタル的なことが原因となっているため、それを乗り越えるしか解決の方法はありません。
誰かに相談してみるというだけでも変わるので、医師に相談してみる方法がおすすめです。

その上で具体的な解決策を教えてもらえるかもしれないので、自分一人で抱えることがないようにしましょう。

人によっては精神安定剤を飲まなければいけないということもありますが、まずどの程度のものなのかも含めて、一度診断を受けてみてはいかがでしょうか。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対人恐怖症を克服する

対人恐怖症を克服するためには、どのような方法があるのでしょうか。

対人恐怖症とは、神経症の中でももっとも代表的な症状です。
その症状にはさまざまなものがあり、人前であがってしまうことや、手足が震えてしまうというものが代表的です。

本来なら人と接することはそれほど怖れるものではないのですが、過去に何か失敗してしまったことなどが原因で、対人恐怖症におちいってしまうことがよくあります。

自信が対人恐怖症であることを自覚していて、それでも何とかしようと思っていても、簡単に解消できるものではありません。

人前で極度の緊張状態に陥ってしまうことや、不安を感じてしまうことが異常なものと感じられ、その結果ますます症状が酷くなってしまうこともあります。

薬や暗示、訓練や練習などで対人恐怖症を克服することはできますが、もしもその方法が間違っている場合は、一時的に治ったように見えるだけだったということもあります。

自分一人で何とかしようとしても、誤った知識のせいで結局失敗しているという人はよくいます。
そうならないためにも、まず医師に相談することからはじめてみてください。

そもそも医師に相談する時点でつらいという人もいるかもしれませんが、いつまでたってもそこから踏み出せない限りは、どうすることもできません。

無理だと思っていても、誰かに相談することによってよい方向へ向かう可能性は十分にあります。
対人恐怖症を克服するのなら、まずその一歩を踏み出せるようになりましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先端恐怖症とは

先端恐怖症とはどのようなものなのか、ご存じでしょうか。

先端恐怖症とは、先が尖ったものに対して強い精神的動揺を受けてしまうものです。
例えば、ハサミ、針、鉛筆、カッターナイフなどが、それに当たります。

刺さったら痛そうだと思うくらいなら普通の人にもあることですが、先端恐怖症の場合は体に一時的な変調をきたしてしまうこともあります。

先端恐怖症の症状が強いものだと、指やペンなどを向けられるだけでも反応してしまう場合があります。

なぜこのような症状が出てしまうのかは、精神的なものが原因となっているだけに明確な答えはありません。
その人によって、原因となる心当たりがあるはずです。

先端恐怖症は恐怖神経症の一種であり、医師へ相談するときは心療内科を受診することになります。
うつ病の部分症状として現れることがあるものなので、治療の場合もうつ病に準じた内容になります。

抗不安薬や抗うつ薬の薬物治療となるのですが、関係ない治療法なのではと思われるかもしれません。
しかし実際に治療を受けることにより、症状が緩和されたという人はたくさんいるので、医師の指示に従って治療を受けるようにしましょう。

先端恐怖症を単なる恐がりと思っている人もいるようですが、それは間違いです。
荒療治をすれば大丈夫と思っている過激な人もいますが、そんなことをしたら逆効果になってしまう可能性が高いものです。

先端恐怖症だという自覚がある人は、まず医師に相談することからはじめてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高所恐怖症とは

高所恐怖症とはどういうものなのでしょうか。

高所恐怖症は、恐怖症の中でももっとも有名なものの1つです。
安全であるとわかっていても、高いところに上ると不安になってしまうというのが、高所恐怖症の特徴です。

どのくらいの高さで不安を感じるのかは人によって程度がありますが、症状が重い人の場合は1メートルほどの脚立でも恐怖を感じてしまうようです。
そこまでくると明らかにおかしいということがわかるものですが、普通の人は高所恐怖症を「単に高い場所が苦手」な人と勘違いしがちです。

ただ高いところが怖いというだけなら、高所恐怖症ではなく高所恐怖癖といいます。
この部分を間違っている方がたくさんいるので、気をつけてください。

高所恐怖症は、本来精神科医の手助けが必要な不安障害です。
身体がすくみ動けなくなってしまい、大きな精神的不安に襲われてしまいます。

高いところに恐怖を感じるという人は、その恐怖の程にもよりますが誰でもあることです。
慣れてくるとそういう感情が湧かなくなるという人もいるようですが、怖さを知らないということは逆に事故へつながってしまう可能性も出てくるので問題です。

高所恐怖症の人に多いのは、人から聞いた話をあたかも自分が体験したかのように思いこんでしまうことです。
高いところは怖いところなのだという考えが強烈に頭へインプットされ、それによっていざ高いところへ行ったときに不安を感じてしまうのです。

高所恐怖症を治したいと思っているのなら、精神科医に相談してみてください。
ただひたすら高いところめぐりをして慣れようとしても、逆効果になってしまう場合があるからです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

醜形恐怖症とは何か

醜形恐怖症とはいったいどういうものなのか、みなさんはご存じでしょうか。

○○恐怖症というものはたくさんありますが、醜形恐怖症という名前を聞いたことがある人はそれほど多くありません。

醜形恐怖症とは、自分の身体の一部が他人と比べておかしいのではないかと考えてしまうものです。
これがただ考えてしまうというだけならともかく、必要以上に神経質になってしまうというものです。

例えばとても綺麗・かっこいい人と自分を見比べて、それが気になってしかたないという人は、醜形恐怖症の前兆が出ているのかもしれません。

結局はただのコンプレックスなのではと思われるかもしれませんが、コンプレックスを感じることも行きすぎてしまうと、病気になってしまうのです。

自分は自分、他人は他人という線引きがしっかりできているのなら、醜形恐怖症になるようなことはありません。
しかし人からの評価を必要以上に気にしている人の場合、醜形恐怖症になる可能性はとても高くなります。

醜形恐怖症で気をつけなければいけないのは、別にその人が醜いというわけではないことです。
単に人と違うという事実を気にしすぎているのが、問題なのです。

極端なものになると、問題となっている部分を整形で治そうとするのですが、それでも何か違うと感じてしまいます。
そうなると整形を重ねすぎて、結局元の状態より悪くなってしまいます。

一時的な自意識過剰で済めばよいのですが、追い詰められると鬱になってしまうこともある大変なものなのです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嘔吐恐怖症とは

嘔吐恐怖症とはどういうものか、ご存じでしょうか。

嘔吐するということは、普通の人でもできることなら避けたいものです。
しかし、ただ嫌悪感を感じるだけならともかく、脅迫的に恐怖を感じるという人もいます。

このような人のことを、嘔吐恐怖症と呼びます。
嘔吐恐怖症はパニック障害の一種と考えられており、不安神経症や鬱をともなう例も見られています。

吐くことが嫌だということでも、これほどの問題を引き起こしてしまう可能性があるのです。

なぜこのような症状が起きてしまうのかというと、それは幼少期などの体験が原因となっている場合が多いようです。
自分が嘔吐したことによって苦しい思いをしたり、恥ずかしい思いをしたりすることは、トラウマとして心に残ってしまう可能性があります。
そのことから、嘔吐協商を引き起こしてしまう可能性があるのです。

直接自分が嘔吐したわけではなくても、他人の嘔吐を目撃して激しい嫌悪を感じ、その感情が行きすぎてしまった場合にも嘔吐恐怖症になってしまいます。

実際にどういう症状なのかというと、嘔吐の恐怖に直面した際、激しい動悸やめまい、震えといった症状が出ます。
さらにひどいものになると、自分自身が吐いてしまうことへの恐怖から、外食やげっぷができなくなり、食事や外出すらままならなくなってしまうこともあります。

考えすぎなのではと思ってしまうかもしれませんが、実際に発症した人にとっては大変な問題なのです。
行動療法が有効といわれていますが明確な治療法は確立されていないので、大変な病気です。

もしも嘔吐恐怖症の人がいたら囲はそのことに対して理解を示せるようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉所恐怖症とは

閉所恐怖症とはどのようなものなのか、簡単にまとめてみました。

閉所恐怖症という言葉自体は、多くの方が耳にしたことがあるものでしょう。
そしてその名前から受ける印象で、まず間違いないと思っていいものです。

恐怖症の一種である閉所恐怖症は、閉ざされた狭い空間や場所に居ることに対して、極度の恐怖を感じる症状のことです。
具体的にいうと、閉所独特の閉塞感に恐怖を感じてしまうものです。

閉所恐怖症以外にも、狭い空間・場所に対して過敏な反応を見せてしまうものはあります。
それらとの違いは「閉塞感」でどのようになるのかと考えてください。

この症状は、過去の体験がもとになって引き起こされることが多いものです。
問題点として、決定的な治療法がないというものがあります。

閉所恐怖症に対する治療法として、薬物治療・認知行動治療・催眠療法などが用いられています。
精神的なものから来るものなので、これをやればすぐに治るということはありません。

治療法としての基本は、ストレスを取りのぞくことや自分自身で乗り越えるということです。

しかし実際になってみるとわかるのですが、一人で乗り越えようとしてもなかなか上手くいくものではありません。

さらに問題なのは、周囲に理解がないと「理由もなく異常」という目でみられてしまい、余計にストレスが溜まってしまいます。

ストレスはこういう恐怖症の点滴なので、自分がどういう問題を抱えているのかも含め、周囲に理解してもらうことからはじめましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視線恐怖症とは

視線恐怖症とは、どのようなものなのでしょうか。

視線恐怖症という名前だけを見れば、いったいどういうものなのかは想像がつきます。
しかし具体的にどういう症状があるのかは、意外と知られていません。

他人に見られることがプレッシャーに感じられるというのが、視線恐怖症です。
しかしただプレッシャーを感じるというだけで終わらず、極度の不安を抱いてしまうのがこの病気の特徴です。

人の目を気にするということは、人間誰しも持っているものです。
しかし視線恐怖症の人は、他人にとっては理解しがたい理由から、不安を抱いてしまうものなのです。

他人は自分のことを、それほど気にしているわけではありません。
もちろん特定場面や状況においては気にしているのですが、普段の生活でそれほど視線を気にしなければいけないわけではありません。

視線恐怖症の中にはさまざまな種類があり、中には自分の視線を気にするというものもあります。
これはどこを見ているのか悟られること嫌うもので、そのためあらゆる場面で視線の置き所に戸惑いを覚えてしまうこともあります。

この他にも、普段は特に視線を気にすることはないのに、相手の目を見て話すことに対して恐怖を感じる「正視線恐怖症」というものもあります。

視線といっても、実際には色々なものがあります。

自覚のある人は、自分がなぜそのようになってしまったのか、そしてそれを解決するためにはどうすれば良いのかを含め、医師に相談してみてはいかがでしょうか。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性恐怖症とは

男性恐怖症とはどういうものなのか、簡単に説明していきます。

男性恐怖症とは恐怖症の1つであり、その名前の通り男性に対して強い恐怖や不安感にかられるというものです。

症状自体は個人差がありますが、男性に触られると強い不安感にかられるというものから、男性と一緒にいることが耐えられないというものもあります。
中には男性が近づいてくるだけで不安を感じる人もいるほどです。

なぜ男性恐怖症になるのかは、それこそその人によってさまざまです。

男性から直接危害を加えられたことがあるものや、家族から虐待を受けたことがあるというもの、いじめが原因というものもあります。

その多くが男性に対するトラウマとして表れる心理であり、なかなか治せるものではありません。

ちなみに男性恐怖症に関するものとして、そもそも男性に興味がないということや、男性との付き合いに価値を置かない女性が、男性恐怖症と決めつけられることもあるようです。

軽い症状のものなら訓練することによって治すこともできますが、重度のものになると時間が解決してくれるのを待つくらいしかありません。
無理に治療しようとして、心に負荷がかかりすぎる場合があるからです。

男性恐怖症は女性がなるものというイメージがありますが、男性がなる場合もあります。
男性からの性的虐待が原因となっているものや、極端な同性愛嫌悪が原因によって男性恐怖症になってしまう可能性があるので、覚えておきましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対人恐怖症のチェックをしよう

対人恐怖症のチェックをしてみましょう。

もしかしたら自分は対人恐怖症なのかもしれないと思ったら、対人恐怖症のチェックを受けてみましょう。

問題を克服するためには、まず自分がどういう状態にあるかどうかを知らなければいけません。
自分ではそうじゃないかと思っている、そんなはずはないと思っている状態は、とても中途半端な状態です。

対人恐怖症のチェックは、インターネットで検索すると簡単に見つけることができます。
自分が該当する症状があるのかをチェックするものや、自己診断チェックリストのような形式のものがあります。

もちろんこれらは確実に診断してくれるものとは限りませんので、自分がその傾向にあるのかを教えてくれるものと考えると良いでしょう。
しかしあからさまな結果が出た場合は対人恐怖症である可能性が高いので、これくらいのスタンスで考えて受けてみてください。

自身が対人恐怖症であるという自覚を持ったのなら、対人恐怖症の注意を心がけるようにしてください。
それができているかどうかでも、生活が変わってくる可能性があります。

対人恐怖症をなんとかしたいと思っているのなら、医師に相談することが一番です。
誰かに相談することがつらいと思えるかもしれませんが、それならネットを通じての相談ならどうでしょうか。

対人恐怖症は、自分が該当するのかを知るきっかけになります。
もしかしたら自分はそうなのかもしれないと悩んでいるのなら、対人恐怖症のチェックを受けてみましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対人恐怖症とは

対人恐怖症とはどのようなものなのか、ご存じでしょうか。

対人恐怖症という文字だけ見ると、人が怖いと感じられるものだということが分かります。
しかし実際にはそれだけでなく、さまざまな症状があるものです。

対人恐怖症にも程度の違いがあり、簡単なものだと簡単に克服できるものもありますが、症状によってはかなりむずかしいものもあります。

例えば「あがり症」くらいのものだったら、トレーニングをするなり大きな経験をしてしまえば、いつの間にか克服されていることが多いものです。
もちろん必ずそうなるわけではありませんが、試してみるだけの価値はあります。

特定条件で発症するという場合もあるので、しっかりと自己分析をすると良いでしょう。

対人恐怖症が重度のものになると、何をしても不安に感じてしまうようなことがあります。
そうなるとまともな社会生活を送るのもむずかしくなり、引きこもりなどの道へ進んでしまう可能性が高くなります。

ここで勘違いしてはいけないのが、対人恐怖症はどうにもならないものではないということです。
トレーニングや治療を積み重ねることで、たいていの問題は時間をかけることで解決可能です。

まず自分が対人恐怖症であるということを自覚し、そのためには何をすれば良いのかを考えてみてください。
ただ不安に感じているだけではなく、専門家に相談することで解決の糸口が見えてくるはずです。

あきらめてしまうのではなく、何とかしようと第一歩を踏み出せるようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。