道化恐怖症

道化恐怖症とは、ピエロのことを極端に怖がってしまう症状のことです。

ピエロとは本来人を笑わせるための存在なのですが、その異様な風貌に不気味さを感じてしまう人もたくさんいます。
この不気味さというのはとてもインパクトがあるもので、さまざまな作品でその部分を強調されています。

ホラーものでもピエロが登場することは多く、そういうものに触れることで恐怖心を煽られているという人は少なくありません。

道化恐怖症とは、この状態が行きすぎたレベルになってしまった人のことを指します。

大人が見ても不気味さを感じるものなのですから、子どもが見た場合は泣き出してしまうという例も少なくありません。
そしてその経験がトラウマとなり、道化恐怖症になってしまう人がいるのです。

道化恐怖症の人がピエロを見ると、動機・吐き気・発汗・息切れ・不安感といった症状に襲われてしまいます。

恐ろしいものではないと思いこもうとしても、身体が反応してしまうのでどうすればいいのかわからなくなってしまいます。

恐怖症は根が深いものですが、それでも絶対に克服できないものではありません。
心理カウンセリングを受けるなどしていけば、少しずつ改善の方向に進むことができます。

どうしても改善したいという人は、自分一人で治そうとせずに、医師へ相談してみてください。
荒療治をしようとした結果、余計に酷くなってしまうこともあるからです。

道化恐怖症に悩んでいる人はたくさんいますが、普通に生活をする分にはそれほど困るようなものではないので、落ち着いて一歩ずつ進んでいきましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。