飛行機恐怖症とは

飛行機恐怖症が酷いという人は、医師に相談しましょう。

飛行機が恐いという人がいても、周囲は気にしすぎと言うだけで終わらせがちです。
もちろん本当にただ嫌がっているだけという人もいますが、飛行機恐怖症の人もいるのです。

飛行機恐怖症はそのままの意味で、飛行機に乗ることに対して恐怖を感じる症状のことです。
できれば乗りたくないというのではなく、乗ること自体が恐いというのは別問題と考えてください。

なぜ飛行機恐怖症になるのかは人それぞれですが、飛行機に関する事故にあったことがあるということや、そういう事故のニュースや映像が原因によって飛行機恐怖症になるという人もいます。

症状が重たいものになると、飛行機に乗るだけで精神的に追い詰められてしまい、大変なことになってしまう可能性があります。

普通の人なら、そんな頻繁に事故が起こるはずがないので、いちいち気にしていても仕方ないと考えてしまいます。
しかし飛行機恐怖症の人は、頭で納得していても心が納得してくれない状態なのです。

飛行機恐怖症だけど、どうしても飛行機に乗らなければいけないという人は、医師に相談してみてください。
抗不安薬等を処方してくれるので、これによって症状を軽減させることが可能です。

一度発症したからといって絶対に治らないものでもないので、治療することはできるのかも相談してみると良いでしょう。
無理をしてまで治さなければいけないものではありませんが、それでも治したいという人ならチャレンジしてみる価値はあるはずです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。