人間恐怖症とは何か

人間恐怖症とはどういうものなのか。

人間恐怖症とは対人恐怖症とも呼ばれるもので、社会的接触を恐れる症状のことです。
人間恐怖症になってしまうと社会的生活に支障をきたしてしまい、自身の内側に引きこもってしまいがちです。

人間恐怖症にはさまざまな症状がありますが、人前に出ると緊張してしまう、あがってしまう、手が震える、人の目を見ることができない、人前に出ると多量の汗をかくなどがあります。
もちろんこれは全体の一部であり、もっと別な症状もあります。

なぜこのようなことになってしまうのかは人によって異なりますが、傾向としては神経質な人や小さなことにこだわりがちな人がなりやすいようです。

過去に大勢の人前で失敗した経験がある人は、それがトラウマになってしまい人間恐怖症になってしまうことがよくあります。

攻撃されることよりも、恥をかくことを避けたいという人がなるもので、人間恐怖症になった人の人となりについて調べると、色々と共通した部分が見えてくるものです。

対人恐怖症を解消するためには、意識改革が必要です。
何か自分に駄目な所があるのではないかと疑ってしまい、人からそのように見られたくないと思ってしまうことが多いので、自分に対して自信を持つことが必要です。

緊張してしまったときにも深呼吸をして、落ち着きを取りもどすことができれば、意外と簡単に解消できる可能性があるものです。
まず自分を認め、そのうえで他者とのつながりについて考えていきましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。