ピエロ恐怖症とは

ピエロ恐怖症というものをご存じでしょうか?

ピエロ恐怖症とはそのままの意味で、ピエロを見ると動悸が激しくなったり、パニック状態になってしまう症状です。

ピエロ恐怖症になるきっかけは人それぞれですが、幼い頃にピエロに会ったとき、恐怖を感じてしまった人がなりやすいようです。
ピエロなんてサーカスに行かなければ会うことはありませんが、それに似たものを見かける機会や、テレビや映画でそう感じてしまうこともあるので、実際にはもっとなりやすいものなのです。

ピエロのメイクは、面白さを演出するためのものですが、そこに不気味さを感じてしまうこともあるはずです。

恐怖を煽りやすいということから、ピエロのメイクを拡大解釈して、恐怖に特化したキャラクターもたくさんあります。
大人が見れば最初からそういうものだと割り切ってみることができますが、子どもの場合はそう上手くいきません。

過剰演出されたピエロのことを見て、ピエロ恐怖症になってしまう可能性が高いのです。

ピエロの風貌が怖いという人はたくさんいますが、それ以外にもピエロの動き自体に恐怖を感じてしまう人もいます。
パントマイムで接してくるので、どうすればいいのかわからず精神的に追い詰められてしまうことがあるのです。

子どものときの体験は、大人になってからも尾を引くことがあります。
ピエロ恐怖症はその中でも代表的なものの一つです。

一度なってしまうと、そう簡単に克服できるものではないので、子どもとピエロを引き合わせるというだけでも冷や冷やしてしまいますね。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。