視線恐怖症とは

視線恐怖症とは、どのようなものなのでしょうか。

視線恐怖症という名前だけを見れば、いったいどういうものなのかは想像がつきます。
しかし具体的にどういう症状があるのかは、意外と知られていません。

他人に見られることがプレッシャーに感じられるというのが、視線恐怖症です。
しかしただプレッシャーを感じるというだけで終わらず、極度の不安を抱いてしまうのがこの病気の特徴です。

人の目を気にするということは、人間誰しも持っているものです。
しかし視線恐怖症の人は、他人にとっては理解しがたい理由から、不安を抱いてしまうものなのです。

他人は自分のことを、それほど気にしているわけではありません。
もちろん特定場面や状況においては気にしているのですが、普段の生活でそれほど視線を気にしなければいけないわけではありません。

視線恐怖症の中にはさまざまな種類があり、中には自分の視線を気にするというものもあります。
これはどこを見ているのか悟られること嫌うもので、そのためあらゆる場面で視線の置き所に戸惑いを覚えてしまうこともあります。

この他にも、普段は特に視線を気にすることはないのに、相手の目を見て話すことに対して恐怖を感じる「正視線恐怖症」というものもあります。

視線といっても、実際には色々なものがあります。

自覚のある人は、自分がなぜそのようになってしまったのか、そしてそれを解決するためにはどうすれば良いのかを含め、医師に相談してみてはいかがでしょうか。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。